寒いので鍋料理

最近急に冷え込んできたから、今日はお鍋にすることにしました。

鍋料理といっても、色々ありますよね。

豆乳鍋に水炊き、おでんなどなど……。

優しい味の料理が多いですが、今日は食べてあったかくなる辛めの鍋、その名も赤から鍋をつくることにしました。

どこかの鍋専門店の商品みたいなのですが、近所のスーパーでいつも安いので、寒い日には重宝しています。

辛さが何段階か選べるみたいなのですが、残念ながら近所のスーパーにはいつも辛さ3しか売ってないです。

他の味のお鍋もいつか食べて見たいですね。

でも、我が家の子供は落ち着きがないから、お鍋にすると、テーブルの周りを散らかしてしまって、後片付けが大変です。

おっと、話が逸れましたが、赤から鍋の作り方です。

パッケージの裏に入れると、おススメの具が一通り乗っているのですが、私はそれにプラスして、エリンギと牡蠣を入れるのがおススメと思ってます。

エリンギと牡蠣、どちらも少しミルキーな味わいなので、ピリ辛の赤から鍋に入れると、後味が優しくなるんですよね。

あまり辛いのが食べられない人でも、これならいけるんじゃないでしょうか?

我が家の落ち着きがない子供でも、バクバク食べています。

それと焼き豆腐と、しらたきも欠かせません。

どちらもヘルシーでお腹の持ちが良いので、ダイエット中でもあまりカロリーを気にせず、お腹いっぱい食べられます。

唐辛子で新陳代謝が活発になるから、汗をかいて脂肪も燃えそうな感じがしますが、子供の落ち着きがないのが活性化もします(笑)

美味しく食べたら、締めはラーメン……と行きたいところですが、ここは炭水化物を抑えるために、糸こんにゃくです。

結んであるタイプをほぐしていれると、本物のラーメンみたいにスープとよく絡んで美味しいですよ。

寒い日はやっぱり鍋ですね。

それにしても、何で我が家の子供は落ち着きがないのだろうと、そればかりはいつも不安に思っています。