ふとした思いつき

最近の話ですが、肌のケアをしていた時にふとした思いつきがありました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのです。

でも、アヤナスのBBクリームを試し始めてしばらく経ち、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりから以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

アヤナスのBBクリームが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。

顏にいつの間にか増えてしまったシワについては消せるものなら消したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミを予防し、かつ乾燥を防ぎます。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

お肌にできるシミには加齢が原因であったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、時には病気がシミの原因だったということもあります。

万が一、突然顔のシミが多いと感じるようなら、疾患が起る前であったり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、可能な限り早く病院で相談する必要があります。

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。

この模様、キメが美しい肌というのは皮溝に囲まれた皮丘に水分が含まれ、形も均等によく揃っているものです。

ところが、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。

出産を終えたばかりの女性の身体というのは妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。

乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、できれば無添加で低刺激のアヤナスのBBクリームを使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目には肌の乾燥には大変警戒しています。

アヤナスのBBクリームでちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。